加齢臭は女性にも起こる

加齢臭は「ノネナール」という脂肪酸が原因で起こるといわれています。

ノネナールは年齢を重ねると、誰にでも出てくる一種の加齢現象です。
大体、40歳前後から発生してきます。

若いときはほとんどでません。

ノネナールは、皮脂腺から分泌されますが、皮脂腺の分泌は
60歳くらいまでは、中高年の男性のほうが女性より強く感じます。
ですので、女性は加齢臭が男性と比べて、少ないです。

しかし、女性も更年期頃に女性ホルモンが減少することで、男性ホルモンが増えてくるので
女性にも加齢臭が生じてきます。

加齢臭は誰にでも生じるといわれていますが、あまり若いうちから臭いがきつかったり
いろいろ対策しているのに、あまり効果が無ければ、生活習慣病との関連が疑われます。

加齢臭は内蔵脂肪が多く蓄積してくると増加します。
運動して健康になれば、臭いは少なくなってくるということです。

暴飲暴食が続くと、加齢臭がひどくなってきますので
健康的な食事を心がけるのも大切なことです。

特に食事は、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを
多く含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。

食事で取れなければ、サプリメントを利用するのもひとつでしょう。

加齢臭の原因とは

加齢臭というと一般的に男性のみにしか起こらない
イメージがありますが、実は加齢臭はホルモン分泌が
減少しはじめる30代後半から40代の女性にも
起こることがわかっています。

加齢臭は皮脂から発生する臭いです。
臭いの主となる原因なるノネナールという物質に
よって体臭が生み出されます。

頭皮の皮脂は、かなり濃く、毛穴につまっています。

一般的に男性の方が、加齢臭が強いのは、
女性よりも皮脂の量が多いからと言われています。

それと女性ホルモンのおかげで、
皮脂の分解能力も女性の方がすぐれています。

しかしながら、女性のホルモン分泌が減少すると
皮脂を分解する力が弱くなります。
それによって、加齢臭が生じてくるのです。

皮脂腺は頭皮に多いので、加齢臭が頭から
臭いやすいのも、わかりますね。

よくマクラが臭くてたまらない、
臭うというのもこの理由からです。

男性も女性も皮脂腺が豊富な頭皮から
加齢臭が生じやすいのですね。

それと、もう一つ加齢臭の原因があります。

それは皮脂の酸化です。
皮脂の酸化には活性酸素が関連しています。

若い頃は、体内の抗酸化物質が働いてくれるので
皮脂の酸化が抑えられていますが、

40代頃になると、皮脂が酸化しやすい身体になります。
そうすると臭いが気になってきます。

バランスの悪い食事や、飲酒によって身体が酸化しやすくなり、
その結果、加齢臭増加につながります。

規則正しい生活、健康的な食事をするだけでも
ある程度は、加齢臭、体臭が防げますので
気をつけていきたいですね。

愛する娘からのきつーい一言!

私は、大阪市に住む40歳のサラリーマンです。
20代の頃から、自分のやりたいことをやってきて
好き勝手に生きてきました。

25歳で結婚して、娘二人人にめぐまれました。
上の子は、13歳で下の子は、6歳です。

ある日、長女が一言。

「お父さんの周りから変な臭いがしてくる!!」と
嫌な感じでいわれました。

いわれてみれば、臭いのかも、と。
妻に聞いてみると、たまに臭いがしているとのこと。

正直ショックです。

でも、40歳にもなれば加齢臭や体臭は段々と
キツくなってくる年齢ですから。

ふと、会社の女性社員にはそう思われていないかと、
気になってきました。

以前、20代の女性社員と話しをしていたときに

一番いやなのが、体臭!!といっていましたから。
会社の同僚や部下に、陰口をたたかれるのは一番いやなことです。

年齢とともに、清潔感が薄れてきたような

感じもありますので、心機一転、清潔感のある
身だしなみを心がけていこうと思いました。

それと、体臭を防ぐためにいろいろと
調べてみようと思います。

幸い、会社は健康関連の業務をしているので

知り合いの医者や教授に聞いたり

自分なりに調べて、体臭、加齢臭の対策をしていきたいと思います。